債権管理を導入すれば人的ミスを回避できる

メンズ

メールの使い方

メール

企業においては、情報伝達や顧客とのやり取りなど様々なシーンでメールが利用されている。このメールについては宛先を指定して送信するため、宛先を誤って指定してしまうと意図しない相手にメールを送ってしまうことになる。特に個人情報などを含むメールを関係しない第三者などに誤って送信してしまった場合には、社会的に大きな問題になるケースも多い。その際、多数のメールアドレスに対してメール誤送信を行ってしまうと、取り返しのつかないことになってしまう。これらのメール誤送信を防ぐためには、対策を取ることが必要である。通常のメールソフトでは、送信ボタンを押すと確認メッセージもなく送付されることが多い。この場合、送信ボタンを押した直後に誤りに気付いた場合には取り戻すことができなくなる。その為、このようなメール誤送信に対して対策として、メール誤送信ソフトを導入し、送信前に再確認させるということが効果的である。メール誤送信確認ソフトでは、メール送信ボタンを押すと、宛先や添付ファイルの有無などを確認表示することができる。その確認表示で再度チェックし問題ない場合に、送信ボタンを押させる仕組みになっているソフトが多い。これらのメール誤送信ソフトを導入することで、被害を未然に防ぐことが可能になる。ソフトやその設定によっては大量のアドレスを指定できないものがあるなど、ソフトによってその制限に違いがあるため、効果的なものを選んで導入が良い。