債権管理を導入すれば人的ミスを回避できる

メンズ

総務の業務

男性

重要な給与関連業務

会社の総務部門は経理、人事労務、庶務など会社及び従業員に関する様々な業務を執り行っています。なかでも給与関係の業務は専門性が高く、ミスの頻発が許されないという点において、総務部門の実務の中でもとりわけ重要かつ難易度の高い業務とされています。そのため、新人の総務担当者にとってはマスターするまでが困難な業務の一つとなっております。給与の計算方法については毎月1回発生しますし、日々の社会保険事務とも連動しているため、新任の総務担当者であっても比較的マスターしやすいものです。しかし、なかなか覚えられないのが賞与の計算方法です。賞与は大抵の会社では夏と冬の計2回支給されますが、業績によって支給されない場合があったり、年度末に臨時的に支給される場合があったりする為、担当者にとっては覚えにくく煩わしい業務となっております。賞与の計算方法は大まかにいえば給与計算と同じく、賞与支給額から社会保険料及び源泉所得税などを控除して各人の支払額を確定させていく作業になります。注意しなければならない点として社会保険料の計算方法が挙げられます。賞与の場合、支給額の千円未満の端数を切り捨てた額、すなわち標準賞与額に保険料率を掛けて保険料額を算出します。起こりがちなミスとして、給与と同じように各人の標準報酬月額から保険料額を計算してしまう、といったことが挙げられます。さらに注意しなければならないのは、従業員の退職月、即ち資格喪失月に支払われる賞与には社会保険料がかからないということです。あと、源泉所得税の計算方法も給与とは異なるため注意が必要です。このようなことから、社会保険料及び源泉所得税の計算をする時は専用ツールを使う必要があります。専用ツールを使用すれば新人の総務担当者でも、ミスをすることが少なくなります。